RADICAL MUSIC NETWORK SP冬
「Mestizo Fiesta Party」




RICO RODRIGUEZ、LAUREL AITKEN、FERMIN MUGURUZA、こだま和文、BRAHMAN、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL、TALCO、THE ZOOT 16、TURTLE ISLAND等の伝説的アーティストの出演で話題のRADICAL MUSIC NETWORK。日本にはない新しいREBEL MUSICという音楽の種を植えたい!とJAPONICUSが始めた日本のREBEL MUSICの草分け的イベントである。過去にはFERMIN MUGURUZAとTHIN MAN (痩人)を迎えて中国でも開催され、2009年にはTURTLE ISLANDと共にバスク公演を実現させ大きな反響を呼んだ。2009年と2013年には、フジ・ロック・フェスティバルでのイベント開催を決行。新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。さらに2015年にはFERMIN MUGURUZA、DOCTOR PRATS、TEX & SUN FLOWER SEEDとCARIBBEAN DANDYと共にカタルーニャ公演を実現させ大きな反響を呼んだ。そんなRADICAL MUSIC NETWORK SP冬に今回はガリシア地方のBOLBORETAが再参戦!ROCK LATINO、CUMBIA、MESTIZO、PATCHANKAという数年前までは殆ど知られていなかった音楽ジャンルだが、今ではレコード店や雑誌がこぞってMESTIZO特集を組むほど人気が上がっている。この現象は、BOLBORETAの来日が大きく影響している事は明らかだろう。今回のRADICAL MUSIC NETWORK SP冬は「MESTIZO FIESTA PARTY」で、思う存分ROCK LATINOをはじめとするMESTIZO (混血)音楽を楽しめる企画になっている。何が起こるかわからない!?日本のTHE CAVEMANS、☆マーレーズ☆、バスクのスポーツ、DUB BASTARDS、LOS TEQUILA COKES、蓮根ロッカーズ、CARIBBEAN DANDY等の刺激的な実力派アーティストの共演にも注目です!

2017.12.19(tue) SHIMOKITAZAWA @ BASEMENT BAR
Open/DJs Start: 18:00 / Tickets:¥3,000 / ¥3,500 (+1D)
Basement Bar/discos Papkin/Japonicus/ On Sale Now!
イプラス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239522P0030001 
メールチケット予約お取り置きはこちらまで → info@japonicus.com
Info: Basement Bar 03-5481-6366 / http://www.toos.co.jp/basementbar/

featuring...

BOLBORETA (from ガリシア)
THE CAVEMANS
☆マーレーズ☆
バスクのスポーツ
DUB BASTARDS
蓮根ロッカーズ
LOS TEQUILA COKES

DJs:
藤井 悟 aka SATOL.F (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Rebel Fiesta Party)
YONESUKE SYSTEM (Rudies Night)
MATXA (Los Tequila Cokes)

Food: AQIRA
Visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)


RADICAL MUSIC NETWORK ホームページ
http://www.facebook.com/radicalmusicnetwork

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

CARIBBEAN DANDY http://www.facebook.com/caribbeandandy 
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(ZOOT SUNRISE SOUNDS)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。2005年からイタリア・スペイン・バスク・フランス・アメリカ等を定期的にツアーをしており、イタリアではBANDA BASSOTTI主催のSTREET BEAT FESTIVALに出演しTHE SLACKERS、RUDE Hi-Fi、BOMBSHELL ROCKSと共にツアーを決行。ローマ公演にて一万人のオーディエンスの前でプレイを果たしました。2008年のアメリカツアーではVERY BE CAREFULと共にツアーを決行。L.A.で最も有名なクラブLA CITAやSAINT ROCKE等でプレイ。2009年には、RADICAL MUSIC NETWORKのメンバーとしてフジ・ロック・フェスティバル公演を 果たし新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。2010年のFUJI ROCK FESTIVALではCARIBBEAN DANDYを代表して藤井悟とTXAKOがブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子で、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のJASON MAYALL aka CUMBIA KIDと「CUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIAS」というチームを組んで出演している他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに抜擢されている。2011年にはCARIBBEAN DANDYとEKDと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・フランス・バスクツアーを決行。スペインではACTUAL FESTIVALにて一万五千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年のフジロックフェスティバルではFIGHT FOR RIGHTSを代表してMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共に出演を果たし。2012年にはCARIBBEAN DANDYとTEX & SUN FLOWER SEEDと共に5度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。最終日にはCARIBBEAN DANDY SELECTAは世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012のSKA CLUB STAGEのヘッドライナを務めました。さらに去年の12月には2度目となるアメリカツアーRADICAL MUSIC NETWORK US TOUR 2012を決行。また国内ではROCK ON THE ROCKとFUJI ROCK FESTIVAL 2008年・2009年・2010年・2011・2012年に5年連続出演している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、STEPPA、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。
 
BOLBORETA http://lydiabotana.com/bolboreta/
今ヨーロッパのREBEL MUSICシーンで最も注目を浴びている女性アーティスト、LYDIA BOTANA(リディア ボタナ)。LYDIAはヴォーカル・ギター・アコーディオン・ピアノ・作詞・作曲・作家をこなすガリシア地方出身のマルチアーティストで、BOLBORETA(ボルボレタ)名義で音楽活動を行っている。パチャンガ・スカ・レゲエ・ガリシア地方の民謡・ラテン等、弾き語りからパチャンガまで堂々と“魅せるLIVE”を得意としているBOLBORETA。2015年に1st EP「METAMORFOSE」を発表。この作品はGAMBEAT(MANO NEGRA・RADIO BEMBA)プロデュースで、DAVID(RADIO BEMBA・MATE POWER)・CHE SUDAKA・GOGOL BORDELLO・CANTECA DE MACAO等そうそうたる面々が参加しており、フランス・スペインで発売後すぐに完売。その後のツアーも好評を博し、フランス・バスク・カタルニアで大成功を収めている。BOLBORETAの曲は主に自然や大地を敬うといった内容の歌詞や、世界のアンジャスティスなシステムにメスを入れるといったメッセージ性の強い歌詞が多く、ガリシア語・スペイン語・イタリア語・英語といった様々な言語で歌われている。これまでにLA PEGATINA・AMPARO SANCHEZ・TONINO CAROTONE等と共演。GOGOL BORDELLOのツアーのオープニングアクトにも抜擢されている。12月にニューアルバムをリリース予定のBOLBORETA。このアルバムにはOJOS DE BRUJO・AMPARANOIA・LA TROBA KUNG-FU等が参加しているとの事。この新作をひっさげ、待望の初来日公演が決定!才能豊かなガリシアの歌姫のパワフルかつ優美なショーをとくとご覧あれ!

THE CAVEMANS http://www.thecavemans.net/
2001年、レゲエ/ソウル/R&B/ファンク/ブラジル音楽など、多様なジャンルを基盤にあくまでも『歌』を生かしたレゲエ・サウンドを目指し『Spinna-Bill & The Cavemans』結成。2002年には「FUJI ROCK FESTIVAL」へ出演、2003年にはHORACE ANDYとの共演、2004年には「ジャパン・レゲエ・フェスタ・イン沖縄」、「横浜レゲエ祭」といった国内指折りのレゲエ・フェスに参加するなど、レゲエ・シーンに置ける重要バンドとして確固たるポジションを築くが、2005年『Spinna-Bill & The Cavemans』としての活動を休止。 その後Rickie-G,タカチャなどのシンガーのサポート、プロデュースワークなど『The Cavemans』としての活動をスタート Ring(ex.VoVo Tau),KEEN(C&K)AIGE,LIZZ等のボーカルを迎えてのライブ活動,音源のリリースと合わせ、『The Cavemans』名義でのインストカバーアルバム『The Covermans』を制作し、その活動の幅は多岐にわたる。 2010年初頭、ソロシンガーだった『AKIYUKI』の歌声と出会いその歌声に惚れこんだID(guitar)は、早速そのライブで生声 を体験することに。そこで確信を得たIDは、すぐに『AKIYUKI』とのデモ音源制作を開始。その仕上がりを聴いたメンバーから満場一致で『The Cavemans』のボーカルとして迎えられることとなる。 結成当初から変わらず、レゲエを主体としつつも、あくまで"ブラックミュージック"を基盤とし、『歌』をメインに打ち出したバンドならではの"生感"を提示していきたいとする 『The Cavemans』。IDいわく「教科書に出てくるくらい理想的なバンド」と称するほどになった新生『The Cavemans』の今後に要注目だ。

☆マーレーズ☆ http://marleys.info/profile.html
ヒヨマーレー(歌、ピアニカ、サンプラー)ツヤマーレー(歌、ガットギター、ウクレレ)男女2人による、ツインボーカル、旅するジャパニーズアコースティックレゲエ・メスティソユニット。 みんなで歌って踊れるレゲエやスカをテーマに、弾き語りスタイルからキャリアをスタート。 POSITIVEなメッセージと明るい歌声が話題を呼び、ACOUSTIC REGGAEを基盤にしながらも、熱狂と大合唱を生み出すライブで全国のカフェバー、ライブハウス、クラブから幼稚園まで、FUJI ROCK FESTIVALなどをはじめとする数々の野外フェスにも出演。レゲエシーンのみならず、サーフシ ンーンから、メスティソシーン、ROCKシーン、老若男女問わず幅広い層にも受け入れられ、2人アコースティックスタイルから、バンドスタイルではモッシュ、大合唱を呼ぶ。

バスクのスポーツ http://vsq-sports.com/
武蔵野美術大学にて結成。遥かバスクに思いを馳せる、祝祭系エンジョイ・サウンド。2016年1月 初の全国流通盤1st Full Album「運動と食卓」発表。同年12月ワンマンライヴ開催。

蓮根ロッカーズ
根っこは蓮根(はすね)にあり。群馬川場村では酒場キャラバン、静岡清水ではOkitsu-River Beach Party 、沖縄コザではD.I.Yフェス オッドランドと各地のお祭や催し事で共に受け取り吸収してきたナイスな心意気を自分たちなりの形にして発するべく、東京都板橋区蓮根で生まれ育った穴あき赤松4兄弟が2015年暮れに結成。レゲエの力を借りて、兄弟だからこその照れや見栄で開けていなかった心の扉を開くことに成功。自分たち自身と、音楽のルーツの大切さを感じ、共に音でそれを探り始める。今思えば、飛び抜けてハッピーな親族や仲間たちに囲まれて生きてきた僕らが音楽の力を借りて前に進むことになったのは、当然の成り行きだったのかもしれない。土の中に深く強く根付いた根っこを思いっきり引っこ抜いて食らいつく。よく味わい 吸収して出す。できるだけいいものを出す。そんでそれを栄養にしてまた芽が出る。次のやつのエネルギーになる。根を張る。2016年6月25日 蓮根駅前 Shot Bar ZION にて 「蓮音~LOTUS SOUND~ Vol.0」開催。蓮根の町にまた新たな遊び場をつくる。2017年4月29日 同会場にて「蓮音~LOTUS SOUND~ Vol.1」開催。赤松一族の最新版4兄弟、蓮根ロッカーズの新たな出会いを求める旅は 今ここ蓮根からはじまったばかり。

DUB BASTARDS  http://www.facebook.com/dubbastards7/
2008年、西原宿にある酒場“フランケンの花嫁”で結成。翌年2009年よりライブ活動を開始する。メンバーのROOTSであるPUNK、REGGAE、DUB、BALKAN、AFRO MUSICを軸にPATCHANKA、メスティソ、ROCK LATINO、GYPSY、中南米などなど様々な音楽を取り入れDUB BASTARDS色に染め続けている。近年ではJAPONICUS主催のアジア最大ROCK LATINOイベント、「FIGHT FOR RIGHTS」や「RADICAL MUSIC NETWORK」にも度々出演し、JAPONICUSの主催するイベントやFERMIN MUGURUZA、TXARANGO、RUDE Hi-Fi、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL、BUNNY GANG feat. NATHEN MAXWELL of FLOGGING MOLLY、MATE POWER、DINAMO、GASTONE、PLANETA LEM、DJ SCRATCHY、SKAKEITAN等の来日公演をサポート、そして数々のイベントに出演。2013年1stアルバム「PUNK LATINO!GYPSY REGGAE」をリリース、今年の春には2枚目のアルバム発売予定。

LOS TEQUILA COKES http://www.facebook.com/lostequilacokes/?fref=ts
CUMBIA.LATIN.AFRO.REGGAE.PUNK...我々は、Los Tequila Cokesだ我々は、耳から直接侵入するヴァイブレーションにより中枢神経を直接刺激し、自立システムを強制的にDancing modeへ書き換える。つまり我々と過ごす夜は、忘れられない夜となるだろう。


企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Caribbean Dandy/Basement Bar/Fight For Rights/Clandestino/Pachamama/Rebel Fiesta Party/
Afro Boogaloo Ska AcademyZoot Sunrise Sounds/discos Papkin/フランケンの花嫁/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.